シミの原因にホルモンバランスが関係?

シミができる原因に、ホルモンのバランスが関わっていることがあります。

なぜシミができるのかをよく理解しておきましょう。

なぜシミができたかや、どんなシミがてきているかで、老人性色素斑、花弁状色素斑、炎症性色素沈着など、多種多様なシミがあります。

顔のシミを取りたい場合には、皮膚科での治療を受ける人が多いようです。

皮膚科で行われているシミ取りの治療は、色々な治療法があります。

ぬり薬やのみ薬でシミを薄くしたり、レーザーや光を使ってシミを取り除くという方法もあります。

最近は、老人性色素斑、炎症色素沈着、そばかすに対しては美白効果のある薬を服用または塗布することで、シミ取り治療が行えます。

取り除きたいシミがはっきりしているという場合は、レーザーでのシミ治療が可能です。

ヨガ lava

深い部分にあるシミまで取り除きます。

皮膚のどの部分に、どんなシミができているかなどで、最適な治療法を選ぶ必要があります。

皮膚科の診断を受けて、どんな治療法がシミ取りに有効かをしっかり見てもらいましょう。

油脂汚れはやりすぎると皮膚に必要な水分も失われます

洗浄力の強いクレンジング剤は、アイメイクや唇の周りなど、必要な場所にだけ使うというめりはりも大事です。

お肌にじっかりとついている濃いメイクや、毛穴の詰まりを引き起こす油脂汚れはしっかり洗いたいですが、やりすぎると皮膚に必要な水分も失われます。

油分を含む汗がたくさん出るけれど、肌自体は乾燥肌で常にカサカサという人もいます。

アリシアクリニック 銀座

洗顔剤を手の平でよく泡立てて、泡で顔を包むようにして洗いましょう。

石鹸を用いての洗顔は、よほど顔に汚れがついている時だけに限定した方がお肌のためになります。

洗顔の時に使うお湯の温度は乾燥肌の人であれば26~28度が適温です。

浴槽のお湯の適温が38度~42度であることを考えれば意外に低い温度だと分かると思います。

肌に刺激のあるものを触れさせない、つよくこすらないことが乾燥肌対策の基本です。

顔を拭く時も柔らかいタオルでそっと水分を取り除きます。

乾燥肌で困っているという人は、これらの点に気をつけながらスキンケアを継続していきましょう。