クレンジングについて

オイルクレンジングでは肌がカサカサするという人は、ミルククレンジングなどが適しています。

場合によっては、濃いメイクをしてある目や唇まわりだけ洗浄力の強いクレンジングを使うなどの工夫が必要になる人もいます。

部分的にオイルクレンジングで落として、ベースメイクはミルクかクリームで落とすという風に使い分ける方法がおすすめです。

しっかり化粧をしてある部分に、洗う力が弱いクレンジング剤を使っても、なかなか化粧を落とすことができず、皮膚に負担になってしまいます。

メイク自体は薄めであったり、あまりメイクをしないという人は、最初からオイルは使わずに洗うと肌に負担が無くて良いでしょう。

銀座カラー 表参道

ミルク型のクレンジングは、肌の保湿力が強くなく、ちょっとしたことで乾燥するという人に適しています。

洗う力がそれほど強くない分だけ、お肌に対してもさほどの負荷がかかりません。

皮膚が刺激に強くはないけれど、濃いメイクをしっかり洗い流したい人は、クリームクレンジングがいいでしょう。